子供の口臭対策

子供の口臭が酷い…その原因と対策方法をシェアします

子供の口臭対策
子供の口臭がキツい…

 

そんな時に不安になるのが、

  • 学校生活で嫌われるかもしれない
  • いじめにあうかもしれない
  • 変な病気かもしれない

と言った点ではないでしょうか?

 

ふとした時に臭う軽めの口臭ならまだしも、親でも顔を背けたくなるような強烈な口臭の場合は、どうにかして改善してあげたい!と思いますよね。

 

私自身、現在14歳になる1人息子が居るのですが、この子がかなりの「臭い持ち」で、小学校低学年辺りからだんだん口臭がキツくなりだし、最近では同じ車内にいるだけで臭いが充満するほどに・・・。

 

また、口臭に加えて体臭もキツく、どうすれば改善できるのかずっと悩んでいました。

 

やはり、口臭や体臭は「いじめ」にも繋がりやすいものです。

 

そこで、

  • 消臭サプリを服用させる
  • 歯磨きだけでなくマウスウォッシュもさせる
  • 舌苔も磨く

と言った口臭対策を行ったのですが、どれも目立った効果は得られませんでした…。

 

【うちの息子の症例】
臭いのタイプ:便臭、生臭さ、酸っぱい感じが混ざったような臭い
臭うとき:歯磨き後、1時間程度経過後から
その他:舌が白いのも口臭の原因?

 

そこで、インターネットでひたすら検索して口臭対策方法を勉強するうちに、口臭にはいくつかの原因があり、パターンごとに対策をすれば改善できると分かりました。

 

そして現在、うちの息子の口臭は改善し、友達と談笑している姿を見て本当にホッとしています。

 

恐らく、多くの方が私と同じように、子供の口臭の原因が分からず、対策に悩んでいるのではないでしょうか?

 

そこでここでは、私が子供の口臭について調べた原因と対策方法をシェアしたいと思います。

 

少しでも、同じように悩まれているママやパパの参考になれば嬉しいです。

子供の口臭の原因6つと改善方法

子供の口臭対策

歯磨きが不十分

子供の口臭対策
子供の口臭の原因として最も多いのは、何といっても「歯磨きが不十分」という事です。

 

歯磨きがしっかりとできておらず口腔内に食べカスが残ってしまうと、歯垢となって口臭の元となります。

 

更に、歯磨きが不十分で虫歯ができてしまうと、口臭の原因にもなってしまいます。

 

改善方法

口臭の元となる細菌の繁殖を防ぐため、磨き残しが無いように隅々までブラッシングしましょう。

 

また、小学校高学年くらいまでは、親がしっかりと仕上げ磨きをしてあげた方が良いでしょう。

 

小学校中学年くらいなると、子供も親とのスキンシップを恥ずかしがるようになる場合が多いですが、この時期は乳歯から永久歯への生え変わりが進む、大事な時期です。

 

親子のコミュニケーションを深めるという意味でも、歯磨きを有効に活用したいですね。

 

さらに、きちんと磨いているつもりでも、歯間や歯と歯茎の隙間が磨けていない事も良くあります。

 

歯間ブラシやデンタルフロスを上手く活用しながら、歯の隅々まできれいにしましょう。

 

それでも改善しない場合は、口臭外来の受診もおすすめです。

口呼吸をしている

子供の口臭対策
乳児期からの名残で口呼吸が習慣になってしまっている、鼻づまりや蓄膿、鼻炎などで無意識に口呼吸になってしまっていると言った場合は、高い確率で口臭の原因となります

 

唾液には雑菌の繁殖を抑える効果がありますが、口呼吸になると唾液が乾きがちになります。

 

これにより、口内が雑菌の繁殖しやすい環境となってしまうため、口臭の原因となります。

 

改善方法

口呼吸の習慣を改善するのは、実はかなり難しいものです。

 

ガムを噛む、あいうべ体操などは、口呼吸を改善する方法として有名ですが、相手は子供です。

 

大人であれば意識的に口を閉じたり、市販のグッズを使用する方法もありますが、子供はそうはいかないものです。

 

また、初期の蓄膿や軽い鼻炎、アデノイドなど、気付きにくい鼻や喉の病気の可能性も考えられるため、まずは一度耳鼻科を受診すべきです。

食事中の咀嚼回数が少ない

子供の口臭対策
食事の際にしっかりと咀嚼できていないと、唾液の分泌量が少なくなります。

 

そうすると、口内で雑菌が繁殖しやすくなるため、口臭の原因となります。

 

また、咀嚼しきれていない食べ物を飲み込むと胃腸への負担が大きくなるため、内臓が原因の口臭を発生させる原因にもなりやすくなります。

 

改善方法

子供の咀嚼回数を増やすポイントは、「硬いものを食べさせる」ことです。

 

とはいえ、いつもいつもスルメやゴボウなどを食べさせるわけにも行きませんよね。

 

そこでおすすめなのが、ご飯を作る際に具を大きめに切ることです。

 

特に食感の残りやすい野菜類は、できるだけ大きめに切って調理したいですね。

 

これにより、自然に咀嚼回数を増やすことができます。

食べ物の臭い

子供の口臭対策
乳幼児期の場合には、あまり臭いがキツい食べ物を摂取ることは無いと思います。

 

しかし、小学校も高学年くらになると、ニンニクやネギなどの臭いがキツい食べ物を口にする機会はかなり増えるでしょう。

 

この場合は大人と同様に、口臭の原因になりがちです。

 

ただし、この場合の口臭は一時的であり、長期間続くものでは無いので、子供の口臭の原因かどうかは判断しやすいと思います。

 

もしも口臭が長く続く場合には、食べ物が原因ではないと判断して他の対策を考えましょう。

 

改善方法

改善方法はズバリ、口臭の元となる食べ物を出さないことです。

【口臭の元となる代表的な食べ物】
ニンニク、ニラ、ラッキョウ、キムチ

また、反対に消臭効果のある食べ物を意識的に食べさせるのも一つの手です。

【消臭効果のある代表的な食べ物】
牛乳、レモン、梅干し、緑茶、野菜、ガム、ブレスケア用品

食後には、唾液の分泌を促進する酸味のあるものや、消臭効果のあるカテキンを含んだ緑茶を摂取すると良いでしょう。

体の不調

子供の口臭対策
胃腸の働きが悪い、免疫力が低下している、便秘がち…

 

このような症状がある場合、内臓の働きが弱くなっていて口臭を発生させている恐れがあります。

 

特に、胃が活発に働いていない場合や、何らかの病気を発症している場合、胃の中の食べ物を充分に消化しきれず、消化不良を起こす場合があります。

 

そうすると、胃の中で消化しきれなかった食べ物が発行し、口臭の原因となります。

 

改善方法

ヨーグルトや納豆などの腸内環境を良くする食べ物や、食物繊維の豊富な野菜を積極的に食べさせましょう。

 

とはいえ、納豆や野菜嫌いの子供は多いものです。

 

どうしても食べてくれない場合は、ビオフェルミンを摂取して腸内フローラを整えるという手もあります。

ストレス

子供の口臭対策
幼稚園〜小学生くらいの子供をお持ちの方は、「こんな小さい時からストレス!?」と驚く方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、現代はストレス社会。これは、幼い子供にとっても例外ではありません。

 

かえって感受性の強い子供だからこそ、ストレスの影響を受けやすくなってしまう恐れも。

 

ストレスは、胃腸の働きを妨げて消化機能を低下させたり、体内の血行を悪くして代謝を低下させる原因にもなります。

 

そうすると、口臭はもちろん、体臭の原因になる可能性もあります。

 

改善方法

腹痛、下痢、頭痛、嘔吐、おねしょ、めまいなど、身体から出るサインは分かりやすいと思います。

 

しかし、上手く表現できない幼児期や、親に悩みを話しづらくなる小学校中学年くらいになると、ついついストレスのサインを見落としがちです。

 

子供を見て、何となく「今日はいつもと様子が違うな?」と感じたときは、ストレスを溜め込んでいる可能性もあります。

 

いつもより口数が少なかったり、妙に怒りっぽかったり、すぐに泣いたり、朝起きられなかったりと、いつもと違う様子が見られた場合は、しばらく気にかけて見ておくようにしましょう。

 

一緒に身体を動かせる遊びや、没頭できる趣味を探してあげるのもストレス発散に効果的です。

子供の口臭対策におすすめの歯磨き粉

子供の口臭対策
子供の口臭の原因として最も多いのは、不十分な歯磨きによる歯垢の蓄積や虫歯です。

 

そのため、子供の口臭がある場合に真っ先に行いたいのは、歯磨きによる口臭対策です。

 

でも、

  • 子供が歯磨きを嫌がって磨いてくれない、磨かせてくれない
  • きちんと磨いているはずなのに口臭がする
  • きちんと磨いているのに虫歯ができてしまった

と言った経験をお持ちのママも多いのではないでしょうか?

 

そんな経験をお持ちの方にオススメなのが、「ブリアン」という歯磨き粉です。
(詳細はこちら⇒http://kodomohamigaki.com/

 

ブリアンの特徴は、

  • 子供が進んで歯を磨くイチゴ味
  • 善玉菌BLIS M18が隅々まで汚れを除去
  • 洗浄剤が入っていないから食べてもOK
  • すすぎ不要

という点にあります。

 

善玉菌「BLIS M18」の力で歯垢や汚れを除去するため、ブラッシングでは届かない歯の隅々まで清潔になり、口臭の発生源をしっかりと除去します。

 

しかも、洗浄剤や変な化学物質も一切含まれて居ないので、そのまま飲み込んでも全く大丈夫なんです。

 

長年口臭に悩まされていたうちの子供も、ブリアンを使い出してから大きく口臭を改善できました。

 

小さい頃から歯磨きを嫌がっていたので、仕上げ磨きはササッと済ませるだけ・・・大きくなってからは、ちゃんと歯磨きをしなさいよ!と言うだけ・・・で、虫歯もそんなにできなかったので、あまり気にかけていなかったのが悪かったんですね。

 

やはり、歯磨きは小さい頃からしっかりと行う習慣をつけ、大きくなってからも積極的に自分で行うようにしないと駄目だったんだな・・・と深く反省しました。

 

あなたもぜひ、ブリアンで歯磨き習慣をしっかりつけることと、隅々まで歯垢を除去し、口臭の原因を元からやっつける効果を実感してみてはいかがでしょうか。

 

186